現実逃避一人旅。世界各地をぶらぶらだらだら。
 
<< 雨降って地流れ続ける。 | main | 金魚売りになりたい。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2015.11.19 Thursday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    夢の跡。
    0
      やっと雨も小雨になり水もひきカッパも取り戻した。
      カッパは今朝
      「あーカッパどこいったのかなー。目の前にパクったやつが着て歩かねーかなー」
      とラウンジで漫画読みながらだらだらしてたら、
      堂々とホテルのスタッフのメガネが僕のカッパ着て登場したんで、
      とっつかまえて取り返しました。
      他のホテルの人はみーんないい人なんだけど、こいつだけは嫌な感じ。
      「それ僕のカッパだと思うんだけど?」
      と訊いたら、
      「そうだよ」
      だと。
      「あんなー!お前のせいで昨日一日どこにも行けなかったんだぞ!てめー!」
      と言いたかったけど、そんな複雑な英語分かんないんで断念。
      くそー。
      まー気を取り直してと、都城を見学に。
      こちらは19世紀初頭から始まった阮朝の王宮があったとこらしい。
      その後、19世紀後半にフランスによる破壊&略奪にあい、
      20世紀に入ってからはベトナム戦争でぼこぼこに。
      そんなところに見学にくる当事国の人間の気持ちは分かんねーなー。
      行って見ると中国の影響を強く受けた巨大な建築群はどれもぼろぼろ。
      残っている遺物は確かに一時代ここが都だったと思わせるような優雅さが。
      でも今はもう霧雨に煙る城内は人もまばらで、
      ちょっときゅんとくる刹那さを
      そのただっぴろい敷地の草地の上に横たえたまま、
      静かに惰眠を貪っておりました。
      ただっぴろい敷地に点在する中国。
      装飾に描かれた<桃源郷>。
      <夢の跡>。

      いいとこです。








      廃墟好き心を擽ります。でっかいめちゃ古い廃墟です。



      土産屋にあったゴルファー。






      【2004.11.29 Monday 23:40】 author : 故・島田うどん
      | フエ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2015.11.19 Thursday 23:40】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://doudemoii.jugem.jp/trackback/48
        トラックバック